介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給

厚生労働省

介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金申請の2次受付が今日から始まりました。

私はお盆休みに入る前に書類を作成したので、休み明けに提出する予定です。

概要は大阪府のページから抜粋させていただきます。

介護サービス事業所、施設などに勤務する職員に対する慰労金の支給について

  • 国の令和2年度第2次補正予算において、介護施設・事業所に勤務する職員に対する慰労金の支給が実施されることになりました。
  • 新型コロナウイルス感染症が発生又は濃厚接触者に対応した施設・事業所に勤務し利用者と接する職員に対して慰労金(20万円)を支給
  • 上記以外の施設・事業所に勤務し利用者と接する職員に対して慰労金(5万円)を支給

慰労金を受けることができる人の条件は?

  1. 介護サービス事業所、通所系サービス事業所、短期入所系サービス事業所、及び多機能型サービス事業所及び介護施設等に勤務し、利用者と接する職員
  2. 介護サービス事業所・施設等で、始期(令和2年1月29日)から令和2年6月30日までの間に通算して10日以上勤務し、かつ利用者との接触を伴い、継続して提供することが必要な業務に従事していた者
    ※始期は大阪の場合です。都道府県によって異なります。

支援額については・・・

(1)利用者に新型コロナウイルス感染症が発生又は濃厚接触者である利用者に対応した介護サービス事業所・施設等に勤務し、利用者と接する職員

  • 【訪問系サービス事業所に勤務する職員】実際に新型コロナウイルス感染症患者又は濃厚接触者にサービスを一度でも提供した職員 1人20万円を給付
  • 【その他の介護事業所・施設に勤務する職員】実際に新型コロナウイルス感染症患者又は濃厚接触者が発生した日以降に当該事業所・施設で勤務した職員 1人20万円を給付
  • それ以外の職員 1人5万円を給付

(2)上記(1)以外の介護サービス事業所・施設等に勤務し、利用者と接する職員 1人5万円を給付

ここでちょっと問題が・・・

始期(令和2年1月29日)から令和2年6月30日までの間に通算して10日以上勤務したものということで、7月1日入社の職員については、前職場で申請してもらうように伝えたのですが、
な、なんと前職場の事務員さんに「辞めた人についての申請はできません!」と断られたそうです。
そんなぁ!個人で申請するには勤務証明書などが必要ですし、それを発行する方が手間じゃないの?
不親切な事務員さんね!と思い念のために厚生労働省に問い合わせますと、
やはりできるだけ前職場で申請をお願いするようにとのことでした。

私は、退職したスタッフさんにも連絡して受け取りの委任状を記入してもらいましたよ。
そう、個人に振り込まれるわけではなく、事業所にまとめて入金されて、事業所からスタッフの口座に振り込む仕組みです。
それとそれと、厚生労働省に問い合わせた時に聞いたのですが、役職など関係なく勤務していた職員全員が対象だそうです。もちろん利用者さんと接する可能性なる人全員です。(社内では、社長はどうなの?とか送迎の運転手はどうなの?などの声が上がっていました。訪問看護の看護師さんだけでなく、利用者さんと接する私たち事務員にも支給されるとのことです。)

さてさて、休み明けには忘れずに申請しますね。8月末までに申請すると翌月末には振り込まれるそうなので、遅れちゃうと責任感じてしまうわ~。汗

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリ